2017年度

第3回ホームカミングデー、OB・OG講演会

昨年に引き続き、今年度もヴェリタスOB・OGの先輩方による講演会を開催しました。今年は、医療、司法、報道の世界の第一線で活躍されている先輩方をお呼びし、ヴェリタスにいた頃の学びが将来にどう繋がっていったのかという、「今のヴェリタスでの学び」「社会とのつながり」について、語っていただきました。

また、学生にとってより身近な先輩である現役大学生からの大学生活に関する話の場も併せて持ちました。オープンキャンパス以上に率直で、より具体的な生の声が聞けたのではないかと思います。

開催日時
2017年5月28日(日)13:00~
開催場所
ヴェリタス2号館3階 第7教室
参加費
無料
参加資格
会員・講習会員・卒業生
(上記の同伴を得られる方、参加者1人につき2名まで)

4期生 正司俊博(千葉県救急医療センター)

医師の仕事は、患者さんを検査したり手術したりする臨床と、患者さんを診た上で出てくるわからないことを研究する研究、他には医学生の教育であったり、厚生技官の官僚など働いている分野は多岐にわたる。正司さんは研修医を終えた後、大学院で研究をし、今また臨床の現場で働いている循環器内科の医師である。世間一般でも医師というと臨床のイメージが強いが、研究というのも医学の進歩にとって大切であること、また臨床とは違う面白さがあるということを話されていた。

研修医を終えたあと、臨床に進む人が多いなか、正司さんが研究の道を選択されたのは、なぜなのか。正司さんによると、臨床つまり日常の診療が、すでに設けられた基準から診断し決まった手順で治療する、言い換えれば、選択肢が限られている中から判断を確率が高いものを判断していくのに対し、研究というのは、自分で自由にテーマを決め、仮説を立て、その仮説を実証するところまでを全て自分でやらなければならない、そこにに面白さがあるからだと。

また、研究と臨床が全く別のもので、全く別の人がやる、というわけでもない。医学の研究でも、そのヒントが臨床の現場にあり、そのヒントから臨床をしている医師が研究を始めることもある。実際に正司さん研究では、狭心症の患者さんを診察していると、冷たい風が当たると苦しいとか、夏よりも冬が辛いという声が、きっかけになったという。上の先生に訊いても冬の方が発作が起きやすいということも言うけれど、その理由に対する答えもない、日本で出ているガイドラインにも何も載っていない。その患者さんから出てきたことが出てこない。そういった日常の診断からの疑問が、正司さんの調べたいという動機になり、そしてそのことが患者さんの発作の季節性変動という研究になり、大学院生時代の論文になったという。

正司さんがおっしゃった中で印象的だったのが、研究を続けていく上では、自分が楽しくなければ続けられるわけがない、かといって、理想だけを追いかける実現しそうもないことを続けるのは意味がない、どの場面でも、何かを決断するときに
1)実現可能性はあるのだろうか
2)楽しそうか、自分の性格に合っているのか
3)そして、その結果、自分の可能性を広げられるか
の3つを考慮すること、その中で自分の進路を選択していく、という言葉であった。この言葉には、参加した高校生からも反応が大きく、これからの進路をどう考え、どう決めるのか、参考になった視点のようだった。

7期生 宇治野壮歩(長島・大野・常松法律事務所)

弁護士という仕事にどれだけのリアリティがあるだろうか。宇治野さん自身が高校生の時も、法学部を受験する際に身近に弁護士がいるわけではなく、「弁護士というのはどんな仕事か?」というのを高校生に伝えたいということで講演してくださった。

弁護士といっても六法全書を隅から隅まで覚えているわけではない。むしろ、裁判や紛争で決着が着くのは六法全書以外の部分であり、それよりも法律をどう解釈するか、事実をどう認定するのか、それが弁護士の大切な技能であると宇治野さんは語っていた。例えば新しいビジネスの時に契約書というのを作成する、この際にも弁護士が活躍する。ここで交わされる契約書では、契約期間の間に起こりうる事態を予想し仮説をたて、その事態に対する対処を条項として明確に矛盾なく書き出し、そしてその条項が法令に違反していないようにせねばならない。そこで大切になってくるのが法律をどう解釈しているか、どう理解しているかである。

法律は具体的過ぎては色々な事例への適用ができないため、抽象的に書かれている。しかし、それゆえ解釈が1通りに定まらないことや、他の法律と一見矛盾するものも多くあるという。なので、弁護士は、単に現行の法律を解釈するだけでなく、その法律がどう作成され、どう変更され、そしてその際にどういう議論があったか、背景や過程まで調べて、ようやく法律の解釈をするという。わからないことを粘り強く調べ、考え続ける姿勢が弁護士には欠かせない、そう語る宇治野さんが印象的だった。

普段から時間的な流れを追いながら解釈し学んでいくことが、法律というところでも大事になるということ、また弁護士という仕事の中に、与えられた情報から仮説を立てて説明すること、ヴェリタスでの普段の学び方が、そのまま活きていることに高校生たちも驚いているようだった。

11期生 根本涼(大手新聞社)

根本さんの1日の例を見た学生からの、こんなに予定がびっちりで心が休まる時間はあるのですか、という質問に対し、何より仕事が面白いので苦ではない、と語っているのが印象的であった。記者は日々起こる様々な事件や事柄にアンテナを張り、色々な人に取材に行く。大学の教授、政治家から普通の主婦にまで。根本さん曰く、名刺を見せてどんな人にでも話が聞けるというのは記者の特権であるという。

ただし、単に聞くというだけで記事は生まれない。起きていることをいち早く正確に伝えること、何が問題になっているのかをわかりやすく伝えること、誰も知らないことを世に出し伝えること、この3つが記者の仕事であり、そのためには、一つ一つの取材の中で「謙虚」でいること、自分はあくまで専門家ではない、だからこそ知ったかぶりをせず、疑問を持ち自分で仮説を立てて、また聞き続ける姿勢が一番必要であると語っていらした。

真摯に聞くという姿勢というのは、根本さん曰く、ヴェリタスで培われたものであり、とにかく聞き続けることでこそ、ヴェリタスで得られるものは大きくなる、この言葉に生徒はとても納得している様子だった。

大学生講演(国立理系・国立医系・私立医系・私立文系)

座談会

懇親会

参加した生徒たちの声 ~講演から何を学んだか~

  • 医師はなってからが大変とよく聞きますが、日々自分の力が試されている感じ(センター・二次風に例えられていてわかりやすかった!)なんだなとわかり、大学受験は通過点でしかないんだなと思いました。いろいろなタイミングで自分の将来の方向性を決めねばならないのも辛そうと思いました。
  • 臨床だけでなく、わからないことだったりをテーマにして研究することも大切なんだなと思いました。
    法律だけではダメで幅広い技能が求められ、弁護士の活動の幅広さにも驚いた。だからこそ、学び続け、想像力を大事にすることが必要なんだと思いました。
  • 弁護士に必要な情報を様々な形で扱う能力は大学受験をする際にも必要な能力と同じなので、そういうところを意識していこうと思った。
  • 私も一つのことを様々な視点から見られるようになりたいと思った。
  • 弁護士は一つの問題について、とても細かく考えられる必要があると思った。また自分側だけでなく相手側のことを考えることも大事なので、自分のできることを多くする必要があると思った。
  • 新聞記者というと本当に忙しそうなイメージがあったのですが、話題のニュースの最前線に入れることは楽しそうだなと思いました。又、疑問を明らかにするというのはとても大事なことだと思いました。
  • 一つの問題について、いろいろな視点から見るのが大切。どの仕事も、色んな教科の知識が必要になってくる。
  • 記者になる上で重要なことのリストアップを見て、勉強をする際に先生たちから言われていることが含まれていて、大学合格だけでなくてその先も仕事をする上で生きてくるとわかりました。
  • 新聞記者の方々は正しい情報を一早く私たちに伝えることで安心を与えたりしようというモチベーションを持っている職業なのだと知ることができました。また「記者は専門家ではない」からこそ、私たちと同じ目線で多くの仮説を立て、取材することで、詳しく理解しやすい記事をつくってくださっているのだと思いました。
  • 大学に入ってから時間は限られているから、やりたいことは中途半端にしないことが大事だと感じた。
  • 「メリハリが大事」という話で、わたしは今の時点でそれができていないと思いました。今からしっかりしないといけないと思います。
    記者に大切な、鳥の目(上から)虫の目(下から深く)魚の目(流れを読む)、物事を客観的にいろんな視点を持つことを持つことは、大事だなと思いました。
  • 「循環器内科」が何かすら知らなかったので、その点について知れた。
  • 一般的に言われていることを自分だけで解決するのではなく、周りと議論することが大切なんだと思った。

2016年度

第2回ホームカミングデー、OB・OG講演会

昨年に引き続き、今年度もヴェリタスOB・OGの先輩方による講演会を開催しました。今年は、建築、報道、医療の世界の第一線で活躍されている先輩方をお呼びし、ヴェリタスにいた頃の学びが将来にどう繋がっていったのかという、「今のヴェリタスでの学び」「社会とのつながり」について、語っていただきました。

また、学生にとってより身近な先輩である現役大学生からの大学生活に関する話の場も併せて持ちました。オープンキャンパス以上に率直で、より具体的な生の声が聞けたのではないかと思います。

開催日時
2016年5月29日(日)13:00~
開催場所
ヴェリタス2号館3階 第7教室
参加費
無料
参加資格
会員・講習会員・卒業生
(上記の同伴を得られる方、参加者1人につき2名まで)

2期生 石澤宰(竹中工務店)

「自分をスペシャルにする」という石澤さんの言葉が強く印象に残った。自分のスペシャルさとは何か、それを探すにはどうしたらいいのか、この問いに対する答えの1つは学ぶことだと石澤さんは言う。とりわけ、インプットしたら必ずアウトプットを出すということを、学生時代からずっと変わらず実践してきたそうだ。

アウトプットすることは、自分は自分、相手は相手という、境界を曖昧にしてくれ、他者の視点を自らの内部に持ち、また同時に、他者に対し自らの視点の一部を共有してもらう可能性をもつものだからだと。それはまた、周りに対しても主体性を持ち、学びをより一層加速させることにつながる。

更に言えば、皆と同じ勉強をして同じ結論になるのであれば、それはアウトプットの動機にはならない、だからこそ皆と同じ内容を扱っていても、その中で、好きなこと、自分にとってのスペシャルさは何か、を常に考えることになる。どんなに些細なことでも自分にとってのスペシャルさを見い出すことができれば、またそれが動機やモチベーションになって、続けていける。そうして徐々に獲得した自分だけのスペシャルさが、周りの人たちに影響を与えるインフルエンサーへと自分を変え、自分の道を切り開く武器になるのだとを石澤さんから学んぶことができた。

7期生 加藤智敬(柏市立柏病院 外科医)

加藤さん曰く、医療の世界は、ほとんどのことがわからない世界と言っても言いすぎでないくらい、曖昧な世界だそうだ。人間の体は大きなブラックボックスのようなもので、こうすればこうなる、といった経験則しかないため、勉強しても勉強しても、完全に理解するということが非常に難しいからだ。 ただし、たとえ理解しきることは不可能でも、その狭間のプロセスに対し独自の解釈をもつことは可能だと加藤さんは言う。

本にはあまり書いていない、主観と客観の間にある解釈にこそ、医師の真価があり、そのことは、医師の間で信頼を得ることのできる医師ということにも関連があるという。医師には、頭が良くて、性格も良いが、医師の中で信頼されているとは限らないということがよくあるそうだ。

ではどういう医師が信頼を勝ち取るのか。例えばそれは質問の仕方に現れる。上の先生に質問をするとき、答えを聞くような質問の仕方は初歩の初歩でしかない。なぜなら経験則については本に書いてあるものだからだ。それよりも、その経験則に対する自分の解釈を質問に載せて、相手の解釈・意見を引き出すような質問ができるか、このことが信頼感につながるのだそうだ。

それは医師の世界も高校生として学ぶ場合も変わりない。自動化した対処を、なんとなく真似るのでなく、常になぜこの判断をしているのかという目線で物事を見、自分なりの解釈をつくっていき、医師同士のコミニケーションの中で、他の人の頭を借りる。この思考の追体験こそが大事だという加藤さんの言葉を受け、生徒たちからは今の学びへと活かしていきたいという声が聞かれた。

13期生 鏡味瑞代(NHKディレクター)

鹿と寺社仏閣に囲まれた古都奈良でディレクターを勤める鏡味さんは、 取材に始まり、構成、撮影、編集、収録、放送と番組制作の全過程に携わっているという。番組作りにあたり、日常の中で常に起き、消えていくものの中から、自分の切り口で掬い出すことを常に意識していると語っていた。

と同時に、単に気になったことをピックアップして伝えるだけではなく、見た人自身がどれだけ考える余地のある状態で提示するか、そこが番組づくりをする上での勝負所だとも。報道の仕事自体、あらゆる圧力がかかる仕事であるけれども、自分が大事にしていること、気になったことを中心に仕事を組み立てていくためには、どれだけ自分が他者を深く理解していて、どれだけ自分が対象世界を深く理解しているか、そのことを常に自ら問わねばならないと考えているという。高校生だったころを振り返ると、まさにヴェリタスでの学びがその土台を築いてくれたそうだ。生徒たちも目の前にいる卒業生の人の名前と声が、NHKの映像から流れてくることに、新鮮な感動を覚えていたようだった。

16期生(国立理系・国立文系・国立医系・私立医系)

座談会

懇親会

参加した生徒たちの声 ~講演から何を学んだか~

  • 検証や実験をし、自分なりの意見を持つことが大切。追体験することで得られるものはあるかなと思いました。
  • 勉強しなければならないからするというよりも、知りたいことを知れるようになるために勉強するという姿勢を大切にするべきだということ。将来を見据えた上で今何をするべきなのかを考える。
  • 表現することの難しさと同時に、それが人に伝わったときは一層嬉しいということ。ディレクターの仕事は番組制作の一部始終に関わっているからこそ、できあがったとき達成感があると思った。
  • 時間の限度は決まっていて、その中で必ずしなくてはならないことも決まっている生活の中で、自由な時間を自分のためにどう過ごすべきか考える。
  • どんな仕事にもコミュニケーションを取ることが大事で、人や自分が興味を持てることとの出会いによって、自分の新たな可能性を見つけることができること。
  • 石澤さんのお話を聞いていると、1つのことに対して、様々な角度から考えていくという建築の仕事は面白いと思いました。
  • 他人から信頼されるためには、その人に対してどれだけ寄り添って考え、行動することが大切だと思いました。
  • 加藤さんのお話の中にあった「追体験してみる」ということは、とても共感できました。実際僕は数学の問題を考える時「清水先生ならこの側面からくるかな?」などと考えていて、こういう考え方を続けていこうと思いました。
  • 建築に興味はあったが、具体的にどんな仕事があるのか、建築と一口に言っても、たくさんやることがあると知れて、とても面白かった。建築は図面を描いているイメージだったが、より人と関わる仕事なんだなと感じた。
  • テレビは好きだし、見るけれど、その番組がどのように作られているかを知れたので、番組の少し違った見方ができるなと思った。
  • 外科医について本で読んだり、テレビなどで見たことはあったが、実際の仕事の臨み方や生活を聞くことができて、少しだけイメージが変わった。勉強し続ける大切さもわかった。
    大学入学したあとの、勉強の大変さ、有意義に時間を使うことの大切さ、自分が何をやりたいかを大事にすることが必要だと感じた。
  • 建築家についてはほとんど知らなかったので、話を聞いてとても奥が深いなと思いました。
    ディレクターの人が番組全てに関わっていると初めて知りました。深く考えずに番組を見ていたので、色々な過程があると思いました。
  • 周りに医者が多いけれど、実際にどんなことをしているのかは全くと言っていいほど知らなかったので、とても興味深い話でした。
  • 「メリハリが大事」という話で、わたしは今の時点でそれができていないと思いました。今からしっかりしないといけないと思います。
  • 今まで気にしていなかった建築の世界を垣間見た気がしました。大学に入った後のことも考えるきっかけになりました。理系だからといって理系のものにとらわれず、勉強したいと思いました。
  • 情報という無機質なものは元は人という有機的なものから派生していて、それをメディアという媒体を通して再び意味のある含みの有機的なものに昇華していくというのがわかりました。
  • 勉強や日々の物事への取り組み方を顧み、再び構築することの大切さがわかりました。

2015年度

第1回ホームカミングデー、OB・OG講演会

5月31日、OB・OGの先輩方による講演会を開催しました。今年は、国立研究機関の研究者、外資系企業勤務、大学病院研修医の先輩方をお呼びし、 ヴェリタスにいた頃の学びが将来にどう繋がっていったのかという、「今のヴェリタスでの学び」「社会とのつながり」について、語っていただきました。

また、学生にとってより身近な先輩である現役大学生からの大学生活に関する話の場も併せて持ちました。オープンキャンパス以上に率直で、より具体的な生の声が聞けたのではないかと思います。

開催日時
2015年5月31日(日)13:00~
開催場所
ヴェリタス2号館3階 第7教室
参加費
無料
参加資格
会員・講習会員・卒業生
(上記の同伴を得られる方、参加者1人につき2名まで)

1期生 市川雄一(仁科加速器研究センター上野核分光研究室理化学研究所)

市川さんには研究者という立場で、研究者の普段の生活や、市川さんの研究内容の基礎となる部分についてをお話いただきました。聞いている高校生も研究者について、初めはあまりイメージが湧かないようでしたが、講演を聞くうちに、「研究には何が必要か」「研究者は何を考えて生活しているか」というのが段々と想像できるようになっている様子でした。特に市川さんの「何か疑問をもつ」という姿勢が研究者になる前から変わっていないというのを聞き、多くの高校生が「疑問をもつ大切さ」を強く感じているのが印象的でした。

11期生 佐野隆一郎(東京医科歯科大学附属病院 研修医)

ヴェリタスOBであり、大学生時代はヴェリタスの講師も務めた佐野さんには、研修医になられた今の生活についてざっくばらんに語っていただきました。普段テレビドラマなどから抱く医者のイメージとは違った研修医の1日のスケジュールをはじめ、医者になるまでの長い道のりや研修医時代は色々な科をめぐり見聞を深める機会があること、その中で毎日新しい困難に出会い、なんとか日々を乗り切っていることなど、より身近に研修医を感じる話を聞くことができました。学生たちからはあの佐野先生でも無力感や大変さを感じるんだ、とその意外性に驚きの声も上がっていました。また暗記だけでなく、自分の頭で考えることを大事にすることが今の研修医生活を乗り切る上でも大きな糧となっている、と今の高校生たちの学びにもつながるテーマになりました。

15期生(国立理系・国立文系・国立医系・私立医系)

現在、大学3年生となった15期生の4名には、「大学生の生活」というテーマでお話を聞きました。それぞれ進学した大学も学科も違い、日々の過ごし方も千差万別でしたが、みな一様にメリハリが大事であることを強調していました。高校生と大学生の違いの1つとして、自分の時間を自由にコントロールできることが挙げられ、そのためには自分の意志でタイムマネジメントする必要があり、主体的に自分の生き方を作り上げていくことが愉しそうでした。また、時間が自由であるからこそ、自らの興味の赴くままに、部活動、サークル、アルバイトなど、色々なことに挑戦し、見識を広げることができる、大学という場の懐の深さを感じることができました。現役高校生たちからは早く大学生になりたい!!、大学には色々な可能性があるんだなあーという声が聞こえてきました。

座談会

懇親会

参加した生徒たちの声

  • 何事にも、些細な事でも疑問を持つことの大切さ。ふと持った小さな疑問が、その先の選択に大きく関わる可能性があるんだなと思いました。
  • 自分の思っている事を発信するには様々なアプローチがある。外資系はやっぱりアメリカンでとても魅力を感じた。特に常に自分の将来のことを考えていて、人生を悔いのないものにできそう。
  • 研修医の生活がリアルにわかったので、楽しかったです。1年目だと分からないことが多くて大変だということがわかりました。
  • 将来は本当に色々な道があることを改めて知りました。文系からも外資系の企業に入る人がいる。自分のやりたい事をみつけてどんどん進んでいく事の大切さを知りました。
  • 広い視野を持つことの重要性がわかったような気がする。一概に一つだけの考えに縛られずに、いろいろな人の考えから自分の将来を決定したいと思った。
  • 学校や学部によって、また個人によってもずいぶん大学生活が異なるものだということがわかりました。時間のあるときに、そのときできることをやることが大事だと思いました。
  • どこにいても学ぼうとする姿勢を持つことで、自分の視野も広がっていくと思いました。
  • ヴェリタスに入って同じ学校の子と比べても知らないことも多くて、他の学校の子も勉強が本当に好きな子が多いこの環境の中で、割り切ったり思い切ったりするポジティブな考えができなくなっていたのを自分でコントロールしてメンタルを鍛えようと思いました。
  • 問題を見つけるという視点からの仕事というものを知ることができました。文系・理系にかかわらず、結びつく先は何でもありな面があるということ、基礎の大切さ(就活の際の)諦めない気持ち、探究心(留学/わからないことは周りにきく)
  • 今は将来の職業を考えながら大学を選んでいるけれど、それによって職業が固定されてしまうわけではなく、卒業後に色々な道に進めることがわかりました。
  • 将来は本当に色々な道があることを改めて知りました。文系からも外資系の企業に入る人もいる。自分のやりたいことをみつけてどんどん進んでいくことの大切さを知りました。
  • 大学で学び、やりたいことも決まっていたのにもかかわらず、違う職場に行き、学びながら、働くのはかっこいいと思い、やりがいのあることだと感じました。
  • すごい人から学んで成長し続けているという話が印象的で、これからの生活や勉強に向けての指針をいただけた気がします。また、勉強だけできるという今の高校生としての生活に感謝したいです。
  • 高校、大学時代の様々な経験が結局将来にもつながるって色々な方から聞くけれど、あまりよくわかっていませんでした。すごく今自分が適当にやってしまっている文系の勉強とかが頭に浮かんでちゃんとやろうって思いました。私はすごく人に聞くってことが苦手なので、せっかく聞ける方々がたくさんいるのにもったいないことをしているなと反省しました。
  • 大学でまなんだことは予想していた以上に後の社会人生活に影響を与えるのか、と知り驚きました。
  • 今学んでいることが将来何に役立つかはわからないから、今色々なことに挑戦してみようと思った。
  • はじめからすごくなくてもいい、という言葉。頑張ろうと思いました。
  • ゴールに縛られすぎないこと。
  • 日頃何気なく使っているものでも、誰かの上に成り立っていることを学べた。
  • 周りにすごい人に囲まれているときに吸収する能力、自ら質問する能力を持っているのは大切だと思いました。
  • 自分から檻の中に閉じこもりがちだったように、自分でも思うので、特に最後のバイトの件に衝撃をうけました。自分から殻を破って成長できる姿を見習います。
  • 普段では聞けない研修医の1日のスケジュールや、カンファレンスの様子などが聞けて、医者って大変な仕事だとおもいました。
  • 小さな失敗を気にせずトライし続けること、色々な人と触れ合うことの重要性。
  • 「暗記100%にならないことの大切さ」を学びました。また他に話を聞く機会がめったにないリアルな研修医生活について聞けてよかったです。
  • この間まで授業をうけていた佐野さんが、今研修医だということにまず驚いています。こんなに身近な人から、外科の研修の話を聞く日がくると思っていませんでした。医者は響きはかっこいいけど、1人前の医者になれるまでに、多難な道なのだと改めて感じました。佐野さんでさえお手上げ状態のことがあるのだと聞いて恐ろしくなりました。
  • 勉強は100%暗記でないという話が印象的でした。理屈や意味を考えてこそ、本当の勉強だと思うし、理屈を理解すれば、楽しんで、勉強できるのかなと思いました。
  • 医者になろうと考えたことも一時期あったので、医者になるまでの過程やテレビとかの都市伝説?との違いやイメージとの違いを知ることができたので、興味深かった。
  • 研修医の方に大変そうだなあという大まかなことしか今まで知りませんでしたが、どういう場面で活躍していらっしゃるのかなど、知ることができました。
  • 医者は学び続けることが大切なんだなと思いました。日々変わっていく患者さんや医療に対して、カンファレンスや勉強をして、学び続けることが医療を進歩させるアクセルになると感じました。
  • 私は医学の道に進みたいと考えていたが、その道だけを見て、他の道の可能性を考えないということは視野狭窄しているのではないか、と感じた。いろんな人とであって、いろんな道を検討したいと思う。
  • 医者ってやっぱり大変そう。けど、こうやって研修を頑張ってる先生がいるから、私たちは支えられてるんだと思った。
  • 研修医はまだまだ医者へのスタートラインということ、大学生っていろんなことができるんだってこと(講師とかサークル立ち上げたりとか)
  • 自由で楽しそうな雰囲気が伝わってきました。1日をどう過ごすかは一人一人に任されていて、自ら動くことが大切だと感じました。