vadmin

About vadmin

この作成者は詳細を入力していません
So far vadmin has created 130 blog entries.

冬学期の教室割について

冬学期の教室割は以下の通りです。以下、ご確認の上お越しください。 表示されない方はこちらをクリックしてください。

2023-09-24T19:15:51+09:002023年9月11日|

【高2生対象】2024年1月開講受験コース個別相談会のご案内

高2生の皆様を対象に以下の日程で2024年受験コース個別相談会を実施します。個別相談会では、数学、英語、理科(物理・化学・生物)の各講師及びヴェリタス卒業生に、お一人各20分間ずつ、個別にご相談していただけます。ご自身のご都合に合わせて、面談したい科目をお選びください。ご不明点がございましたら、受付までお問い合わせください。 日時 10月8日(日):9:40~16:00 10月22日(日):9:40~16:00 ※ご本人様のみ、保護者様のみ、もしくは同伴でのご参加、いずれでも構いません。 ※ご参加いただいた方は、数学・英語のクラス分け試験料(各1000円)が無料となります。 申込方法 各開催日3日前までに以下フォームよりお申し込みください。 https://reserva.be/veritas1998 合言葉 veritas2023 当日は、ご予約時間の10分前に受付にいらしていただくようお願いいたします。また、キャンセルは予約時に送信されるメールより可能となっております。ご不明点がありましたら受付までお問い合わせください。

2023-09-10T13:50:00+09:002023年9月8日|

推薦・医学部入試対策 小論文実践演習(全5回)申込受付中

推薦・医学部入試のための小論文実践演習講座 短期間で小論文の足がかりを得たい方を対象に、9月30日(土)から小論文実践演習講座を開講致します。 小論文は、「自分の言いたいことを述べる」場です。では、なぜある事柄を(わざわざ)言いたくなるのでしょうか。それは、そうでない意見があるからです。自分と異なる意見の人が想定され、その人に向けてその人と異なる自分の主張を展開すること。これが小論文を書くということの基本です。つまり、小論文とは、「自分と異なる他者と対立する」場に他ならないのです。 自分と異なる意見をもつ他者を納得させるための、最も厳密な方法が「論証」と呼ばれるものです。そして、論証の規則であり、かつ論証の技術であるところのものが、「論理」と呼ばれるものです。本講座の小論文基礎講座では、他者と議論し、他者に向けて論証するための、「論理」の基礎をトレーニングします。その後、テーマ別添削演習で、医療や環境といった小論文入試頻出のテーマについて、実際に小論文を書いてもらい、論理を応用し、議論と論証を実践してもらいます。 授業日時 各日 12時00分~14時00分 第1回:9月30日(土) 小論文基礎講座 第2回:10月7日(土) 地球環境問題 第3回:10月14日(土) 医療従事者として(またはヒトゲノム) 第4回:10月28日(土) 日本人の特徴 第5回:11月 4日(土) 地域医療(または医師不足) 講義内容 前半 議論と論証の組み立て方や、テーマに関する講義 後半 課題の小論文に対する個別添削指導 小論文基礎講座を1回、実戦的な添削演習を4回行います。前週に配布される課題の小論文を書いた上で、授業に参加して下さい。 ※希望があれば、他のテーマも考えます。 ※場合によっては、自身の志望校の過去問添削も可能です 申し込み期間 2023年9月28日(木)20時半まで お申し込み方法 以下、いずれかの方法で受講料お支払いの上、窓口または下記の申し込みフォームにてお申し込みください。 ① 現金:受付に受講料をお持ちください。 ② お振込:以下いずれかの口座へ受講料をお振込みください。 ご質問やお問い合わせは、shien-bu@veri.co.jpまでお問い合わせください。 受講料 内部生:26,400円 自習室会員:29,400円 外部生:31,900円 ※2年以内にヴェリタスの授業を受けられた方が内部生、それ以外の方が外部生です。 1. 三菱UFJ銀行(0005) 本郷支店(351) 普通4552175 東京理学會社(トウキョウリガクカイシャ) 2. ゆうちょ銀行(9900)(ゆうちょ銀行より) 記号  00140-2 番号 [続きを読む]

2023-09-01T05:43:36+09:002023年9月1日|

異文化と童心

発端は先日、英語科講師の数人で連れ立って、いたばし花火大会に出かけた時のことである。俳句歴七年目の俳人の端くれである私は、「花火」と聞けば即俳句モードに入る(花火は夏の季語である)。当初、私は自分だけこっそり作って満足するつもりだったのだが、周りの講師に俳句を作ることを伝えると、瞬く間に皆で俳句を作る話になったのである。私以外は皆全くの素人ということで、皆が二、三句作ってみて、私がそれらの句を添削する、某番組のような会になった。そしてこれがまさかの好評。この戯れに味を占めた我々は第二回を開催すべく、講師室にかき氷機を持ち込んだ―― そして本日のかき氷俳句大会である。俳句を詠むならばかき氷が食べられる、というアグレッシブなレギュレーションにも拘らず、講師・生徒の垣根をまたいで前回以上の参加者が訪れた。ある英語講師などは花火の時の反省を活かすべく、俳句の入門書まで購入して武装してきたのには全く驚いた。かかる努力の成果もあり、私を含め皆悪戦苦闘しつつも、結果的には前回の倍近い句が発表され、実りのある会になった。その格闘の一方で、かき氷だけ食い逃げする不埒な大人が居たのも事実だが。 私はしばしば、VERITASというコミュニティに属する人間の「異文化」に対する受容力と貪欲さに驚かされる。ここでの「異文化」とは、各個人がそれまでの人生で触れることのなかった分野のことだ。言い換えれば「不案内な領域」であろうか。学校の勉強内容や受験対策としての勉強内容も「異文化」に含まれるといってよい。VERITASの人間はこの「異文化」に対する悪い意味での抵抗が殆どないように思えるのだ。普通なら私が人に俳句を作ることを伝えても、概ね興味を示されないうちに話題が変わる。花火大会を前に「じゃあ試しに一句作ってみるか」と、得体のしれない詩の世界に挑戦してみるなどあり得ないというのが、長年俳句布教の難航に悩んできた私の所感だ。本来であればかき氷だけ食い逃げするのが当たり前であり、あろうことか自発的に俳句を勉強してくる方が酔狂なのだ。「異文化」との間には程度の差こそあれ、それなりに高い壁があるのである。しかし、VERITASにはそんな壁はない。「異文化」に接する態度が恐ろしくポジティブで、かつ誠実である。これはきっと、年をとるにつれて薄れていきがちな、純粋で原初的な知的好奇心を保ち続けているからであろう。この姿勢を一言で表すなら「童心」ではないか。童心を存しているか否かで、日々の心の豊かさは大きく変わる。知的な喜びの根源であると同時に、経年劣化に弱いその姿勢を、VERITASは忘れていない。(英語科 佐々木)

2023-08-11T17:21:43+09:002023年8月11日|

夏期集中授業の教室割について

2023年度夏期講習(夏学期集中授業)の教室割は以下の通りです。第2ターム以降は順次公開いたします。 第5タームの教室案内はこちら

2023-08-24T19:55:22+09:002023年7月31日|

夏期集中授業の欠席・遅刻について

2023年度夏期講習(夏学期集中授業)を欠席・遅刻する際は、事前に以下のフォームを送信してください。 ※パスワードは通常授業時のものと同様です。不明な場合は受付、担当講師までご確認ください。 欠席・遅刻の連絡はこちら

2023-07-31T00:22:59+09:002023年7月30日|

2023年度冬学期 受講受付開始のお知らせ

申込期間 2023年7月15日(土)〜各授業の初講日前日まで [内部生優先受付期間] 7月15日(土)~7月29日(土) 内部生優先受付期間中は外部生の方はお申し込みできませんのでご注意ください。 申込方法 ・オンライン申し込みの場合 下記申し込みフォームに必要事項を入力し、受講料の振込明細書の写真を添付してご送信ください。なお、8月12日〜8月19日は休業中につき、この間にお申し込みされた方には、20日以降順次受講承諾書を発行させていただきます。悪しからずご了承ください。 ※2023年夏学期より継続でお申し込みの方以外は、まずメールでお問い合わせください。 メールアドレス:shien-bu@veri.co.jp ・窓口における申し込みの場合 別添の「2023年 受験コース 冬学期 (9月~12月)」と受講料の振込明細書をヴェリタス受付までお持ちください。 受講可能な講座の一覧はこちらをご覧ください。 1. 三菱UFJ銀行(0005) 本郷支店(351) 普通4552175 東京理学會社(トウキョウリガクカイシャ) 2. ゆうちょ銀行(9900)(ゆうちょ銀行より) 記号  00140-2 番号 46586 東京理学會社(トウキョウリガクカイシャ)               (他行より) 東京支店(019) 当座0046586 東京理学會社(トウキョウリガクカイシャ) *なお,振込手数料はご本人様負担とさせていただきます. 対象者 受験コース:高3生・浪人生 基礎コース:中1~高2生 受験コースのお申し込みはこちら 基礎コースのお申し込みはこちら

2023-08-10T11:43:54+09:002023年7月15日|

修了試験・クラス分け試験のお知らせ

今年度も2023年7月29日(土)・30日(日)に修了試験・クラス分け試験を行います。詳細は以下のPDFファイルをご覧ください。また、やむを得ない事情により当日受験できない場合は、振替受験してください(※)。 ※必ず前もって受付で振替受験申込用紙を受け取り、必要事項を記入の上、事前に担当講師の了承を得てください。当日の振替は認めません。 詳細が表示されない方は、こちらをクリックしてください。

2023-07-08T16:57:12+09:002023年6月24日|

横にいる友と

受験生にとって、春からやってきたことの結果が目に見えて出はじめる時期になった。思うようにいかず、自分の勉強の仕方が間違っているのかと悩みに陥る人も多い。こうした悩みは人それぞれで、他の人と共有することがとても難しい。 自分みたいなおせっかいな講師は、ついつい声をかけて相談に乗りたくなる。しかし、生徒を本当に支えているのはそういった直接の相談ではない。 授業のない時間、ふとした瞬間に、半分雑談のように、最近の悩みや、分からないことを話す。講師と生徒の区別なく、自然に会話が発生する。そうした空気感の中で、自分の悩みを相対化できることが、打開につながっているのだ。他の受験生が何に悩み、どう闘っているか。ヴェリタスの外に出てみると、これを知る機会は意外と多くないと気づく。 結局自分に合ったやり方というのは、自分にしか見つけられない。講師として、先輩として、その助けになれればと思う。でも本当に必要なのは、前で導く人の言葉ではなく、横にいる人たちの姿だ。(U4担当 佐々木)

2023-06-08T15:25:27+09:002023年6月8日|

2023年度 夏期講習 (夏期集中授業) の案内

2023年度も例年通り、7月31日(月)から8月29日(火)にかけて夏期講習(夏期集中授業)を開講いたします。下記の講座案内をご覧いただき、ご自身にあった授業をお選びください。初めてVERITASでご受講される方、内部生の方を問わず、どの講座も定員締切の場合を除いて自由に受講することができます(※)。 ※現在受講中のクラスに対応する集中授業の受講手続きは必要ありません。 ヴェリタスでは外部生向けの特別講座を開講しております。詳細は下部の案内をクリックしてください。 中学生対象 特別講座の案内はこちら 高校生対象 特別講座の案内はこちら 詳細は下記リンクをクリックしてください。 ・夏期講習 講座紹介 ・夏期講習 時間割(内部生用) ・夏期講習 時間割(外部生用) 原則として、どの講座も定員締切の場合を除いて自由に受講することができます。ただし、講座によっては受講申込み前に担当講師との面談及び現在のレベルチェックのためのテスト(試験料1000円)が必要な場合もございますので、講座紹介ページにてご確認ください。  面談のお申込みについては、窓口もしくは以下のお電話またはメールにてお問い合わせください。 (TEL:03-3811-9640, Email:shien-bu@veri.co.jp) 申込受付期間:6月1日(木)15時半から各講座初講日の2日前まで ・窓口にて 受講申込書と受講料の払込受領証(またはご利用明細書)を受付窓口までお持ちください。窓口の受付時間はそれぞれ以下の通りです。 通常授業期間(6/1〜7/30):月〜金 15:30〜20:30 土 13:00〜18:00 日曜は休業 集中授業期間(7/31~8/29)【下記以外】:10:00〜15:00 第2ターム初日(8/7):10:00〜17:00 第4ターム初日(8/20):7:45~17:45 第4ターム初日以外(8/21〜8/24):15:00〜20:00 第5ターム全日(8/25〜8/29):15:00〜20:00 ※8月5日(土)と 8月6日(日) 、8月12日(土)から 8月19日 (土) は休業致します。 ※ただし、休業期間中も申し込みフォーム並びにメールでのお申し込み、お問い合わせは受付しております。 ・オンラインにて ① 下記の受講お申し込みフォームで、お申し込みください。 ② 申請受付後、ヴェリタスより自動返信メールが送付されます(※1)。 ③ 上記自動返信メールとは別に、お振込金額の確認や面談の設定(※2)を、メールもしくはお電話でさせていただきます。 ④ 指定の銀行口座へ、受講費用のお振込をお願いいたします。現金でのお支払いはできません。ご了承ください。 ⑤ 下記メールアドレス宛に振込明細書をご提出いただきます。 ⑥ 受講認定をメールで送信いたします。 ※1 ヴェリタスからのメールは、@veri.jpおよび@veri.co.jp というドメインにて送信しております。各受信設定、 セキュリティソフト、フリーメール上の迷惑メール設定、プロバイダの迷惑メール防止 サービス設定などで、[ @veri.jp, @veri.co.jp ] ドメインの受信許可設定をお願い申し上げます) ※2 お申し込み講座によっては、担当講師との事前面談が必要になります。詳細は講座一覧をご覧ください。 [続きを読む]

2023-07-04T17:03:57+09:002023年6月1日|
Go to Top