Project Description

千葉大学医学部医学科
島田 遼 さん(暁星高等学校卒業)

先生がびっくりするカリキュラム

母が英語の先生をしているのですけど、ヴェリタスのパンフを読んで、すごい!ここまできちんと書いてある塾はないから、と言われ、しぶしぶ通いはじめました(笑)。最初の授業をはっきり覚えてます。神永先生の授業で、「ああ、そうなんだ」「すごい、こう考えるのか」というのがいっぱいあって、全然聞いたこともないおもしろいことやる塾があるんだなあ、と。そもそも、部活人間でずっと部活しかしていなかったんで、勉強はヴェリタスで目覚めた、って感じです。

だんだん自習室に人が少なくなっていく中で勉強を続けるのが

好きだったんです

結局、授業のない日もほぼ毎日ヴェリに通ってました。情けないことですが、家で勉強できないたちで、だから自習室でやってましたね。特別自習室は勉強できる雰囲気がすごい、何か自然と勉強に集中してしまう場所でした。ととえ、ぐだっとなりかけても、斜め前に座っている子が集中しているのをみると、俺もやる、やりますよ、と。お気に入りの席も決まっていて、朝から夜までいました。夜、だんだん自習室に人が少なくなっていく中で勉強を続けるのが好きだったんです。「よし、まだ勉強している、俺」って(笑)。

どんな問題も必ず解けるもんなんだ、と思えるようになっていく

医学部向けの勉強方法はということを意識したことはないです。とりあえず、こうすれば解けるよ、というよりも、どうやったら思いつくかを伝えてもらったので。どんな問題も解けるもんなんだ、と思えるようになっていく、必ず解けると感じさせてもらえる、そういうスタンスが好きでした。

勉強する時も、ご飯を食べる30分間でも、友人のおかげで楽しむことができた

ディスカッションしながら難問を解くという授業があったんですが、こんなに熱く語り合えるんだな、っていうのを実感して。まじめなことを本気で頭つき合わせてしゃべっていると、ふざけている時以上に仲良くなりますね。そのことが、後々ずごく影響はあります。楽しむときも友達がいて、勉強するときも友達がいて、そのおかげだと思う。ご飯を食べる30分でも、すごく楽しめるし、勉強しているときも、集中力が切れた時も、楽しさも何倍にもなったし、結果はかどった。実はヴェリのすごさって、授業をきっかけに、友達ができる、ということなのかもしれないと思います。めちゃめちゃ楽しんだ1年間でした。