Project Description

群馬大学医学部医学科
加藤 暁菜 さん(桜蔭高等学校卒業)

先生が、学問に関してはやたらこだわるのに、それ以外はすごく緩い(笑)。周りの人もやる気あるのに、和気あいあいとしてて、でも切磋琢磨しあってるという仲というのが、それまでわりとピリピリした塾に通っていたので驚きでした、これって両立するんだって。楽しいよ~って友達の桜蔭生が言っていたことの意味がわかりました。私、なかなか質問をしないタイプで自己完結しようとしてしまうんですけど、周りの友達が自然と教えてくれる感じで助かりました。

プロセスが明確

プロセスが明らかになっていく授業でした。大半の授業って、はじまりと結論は明確なのですが、その間に飛躍があったり、無理矢理のこじつけがあったりして。なので、それまで私はとりあえずプロセスは置いておいてと、結論を覚えようと考えてしまっていたのですが。ある程度のレベルのならそれでもいいんですけど、そっから先のレベルになるとプロセスが分かってないと無理だなと、そもそもプロセスを明らかにしたほが圧倒的に楽しいなと。授業を受けて、自分の理解の仕方の問題点が、はっきりしていったと思います。